インプラントと入れ歯って何が違うの?

インプラントと入れ歯って何が違うの?

最近、街の歯医者さんの窓や看板に”インプラント”という文字が増えていますね。インプラントが入れ歯に似たような物と言う知識は何となくですが、広まってきています。しかし、入れ歯とインプラントの違いは未だに知られていないのが現状です。では、このインプラントとは一体何なのでしょうか。

GlaxoSmithKline | 製品情報 | 義歯関連製品

インプラントを知る前にまずは入れ歯の知識も知る必要が有りますね。入れ歯には大きく分けて、総入れ歯と部分入れ歯の2種類が有ります。総入れ歯は文字通り、全てが入れ歯の状態、歯が一本も残っていない状態で入れ歯にした場合こうなります。

薬用ホワイトニングスクワラン | 無添加化粧品 スクワラン/無添加主義スクワランのハーバー研究所(HABA)

次に、部分入れ歯ですが、奥歯又は途中の歯が抜けた場合に、他の歯にバネを付けて固定する方法で入れ歯を入れます。入れ歯は施術が簡単な事や、保険が適用される事から殆どの歯医者で行う事が出来ます。ただし、入れ歯の場合歯肉を覆う場合が殆どなので、食べ物の食感を味わう事が難しく、慣れるまでは違和感しかなく、喋りにも影響が出る事も有ります。また、部分入れ歯の場合口を開けた時に金属が見える事も有り、見栄えが悪くなるケースも有ります。



ではインプラントはどうでしょうか、インプラントは、あごの骨に直接核となる金属を打ち込み、それを元にして義歯を装着するという方法です。一本一本が独立した歯となり、歯肉も覆われる事が無い為仕上がりが自然な形となるのが特徴です。但し、保険の適用外となる為、費用が自己負担になる事や、治療の期間が他の施術方法に比べて長いという点が、爆発的に広まらない原因ともなっているのでしょう。